なぜTSグループを選んだのですか?

仕事を提案するという仕事内容に興味を持ったため

社会人になってからずっと、誰かの人生に関わる仕事をしてみたい!と思っていました。 それまでは接客業、ウォーターサーバーの営業などをしていましたが、人材紹介業というものを知り、たまたま知人がTSグループで働いていたためTSグループの経営理念の「挑む人と、ともに挑む」や一元管理でマンツーマンで対応をしていくという寄り添った仕事内容に惹かれ入社を決めました。

入社後の様子を聞かせてください。

スピード感が他の会社の3倍以上

私は中途入社で、1社目が大手家電量販店、2社目がベンチャー企業、3社目がTSグループです。 入社後驚いたのは今までの会社もスピード感のあるところでしたが、体感でその3倍以上もスピード感が早く、新しい事業であったり、取り組み、意思決定など、常に成長をし続けている会社だと感じました。 自分もそのスピードについていこう!と必死であっという間に1年が経っていました。

一番大事にしていることは何ですか?

求職者の人生をサポートしているという意識

仕事は人生において切っても切れないもので、20歳から60歳まで働くと考えても40年もの時間を過ごすものです。 その人生の中での大半を占める「仕事」というものを提案させて頂くので、中途半端な気持ちや妥協して紹介することだけ無いように努めています。 私の提案でこの方は楽しく仕事ができるだろうか?末永く働ける職場を紹介できているだろうか?というものを日々考えています。

キャリア形成や将来に向けて

1日0.1%以上の成長を

100人のコンサルタント1人1人が昨日よりも0.1%だけでも成長が出来ると、会社としては昨日よりも10%も成長出来ます。 逆に私たちの成長がないと会社は成長していきません。 私たちコンサルタントが日々の仕事を通じてどれだけ成長できるかで1年後、5年後、10年後の自分が変わってくるのだと思います。 みんなで会社を作っているという意識を持って仕事をしていきたいですし、TSグループで働いてよかった!とみんなに思ってもらいたいと思っています。

プロフィール

趣味は仕事とドラムです。以前はバンドを組んでドラムを担当していましたが、最近は仕事が趣味。 残業は良くないことなのですが、没頭してしまうと時間を忘れて仕事にのめり込んでしまうことも多々…

ある1日のスケジュール
9:00 出社:
メールチェック・前日夜に作成したやることリスト確認
9:30 朝礼
10:00 電話:
電話で勤務希望などをヒアリング
13:00 昼食:
12時は電話が繋がりやすくなるので少しずらして昼食
15:00 面談:
求職者と事前に面談を行い、面接対策
16:00 面接:
事施設で担当者の方と面接
18:00 帰社:
帰社したら求職者と法人様に今日のお礼の電話
19:00 確認:
明日のやることリストを作成して退社
私のオフタイム

私が働いている支社はみんな仲が良いので、夏には海の家でバーベキューをしたりしています。 お酒が好きな人も飲めない人もみんな楽しく騒いでいます。 仕事とプライベートのオンオフはしっかり分けているので、楽しむときは全力で楽しんでいます。

社員の声一覧に戻る