なぜTSグループを選んだのですか?

自分自身の可能性を試したい

前職では人材派遣会社の営業として仕事をしておりましたが、現場から遠ざかっていたため、もう一度自分の営業力を試し、一からスタートが切れる職場を探して転職活動をしていました。その中でTS工建役員と出会い、「うちで一からやってみなよ」という一言で入社を決めました。年齢や経験も踏まえると、現場からスタートできる会社が少ない中で、その時にいただいた一言が心に響き、最後の挑戦をTS工建でしたいと思い、今も挑戦し続ける日々を楽しんでいます。

入社後の様子を聞かせてください。

手厚いフォロー体制に感動

入社後、働かれている先輩の年齢を聞いて愕然としました。なんと最年長…。支社長よりも年上という状況でした。年上の後輩を教えていくのはかなりやりにくいだろうなぁ、気を使わせてしまうなぁと思っていた最中、配属されたチームの主任に初日から業務に関して注意を受けました。驚いたと同時にうれしかったことを覚えています。主任だけでなく他の先輩社員も、年上に対しても分け隔てなく指導をしていただける環境があり、本当にすばらしい職場だと感じたことが一番印象的でした。業務に関しても、切磋琢磨して成長できる環境が整っていました。

一番大事にしていることは何ですか?

困っている人の力になりたい

社外では新しい職場を探している求職者の方、人員が足りず困っている法人様、社内でも売上げが思うように上がらず苦しんでいる同僚、とこの仕事を通して様々な悩みを持っている方と関わるのですが、その悩みをひとつでも解決するために、全力を尽くすことを常に意識して仕事に臨んでいます。偽善のように聞こえるかも知れませんが、自分自身の成功より誰かの役に立つことをやりがいとしているので、今後も「困っている人の力になる」ことを大切にしていきたいと思っております。

キャリア形成や将来に向けて

新たな事業を立ち上げる

今の仕事にもやりがいを見出し、極めていきたいという気持ちもありますが、将来的には自分自身の考えた新たな新規事業を立ち上げ、会社の発展に貢献していきたいと考えています。面白いことをやっていきたいという思いがあるため、情報収集を怠らず、ビジネスチャンスがあれば社長に直談判しチャンスを掴みにいきたいです!

プロフィール

パティシエが最初に就いた職業です。それからいろいろなことを経験し、前職の人材派遣会社、そして今に至ります。これまでのことは波乱万丈、紆余曲折あり、この短いスペースでは書ききれないので割愛させていただきますw

ある1日のスケジュール
9:00 出社:
メール・LINEチェック・前日の業務確認
9:30 朝礼
10:00 電話:
新規求職者対応・法人への電話
13:00 昼食:
コンビニ弁当、外食
14:00 面接:
面接に同行
16:00 電話:
法人への電話
17:00 電話:
既存求職者対応
19:00 作業:
事務作業
19:30 退社:
帰って完全OFFモード
私のオフタイム

月に一回の同僚とやっているフットサルが、ストレス発散になっています。

社員の声一覧に戻る