なぜTSグループを選んだのですか?

自分の成長

前職ではメーカーに勤務しておりました。非常に楽な仕事で、既に商品が世に流通しており、誰がやってもほぼ同じ結果になるような仕事でしたし、それ以上求められることも特にありませんでした。 当時、私はいい会社に入れたという感覚よりも「もったいない時間を過ごしている」という危機感しか感じていませんでした。 そこで転職を考え、キーワードにしたのが「自身の市場価値を確かめられる、目に見える評価制度、年齢層、プライベートとの切り分け」でした。 このキーワードにマッチしたのがTSグループであり、まさに私が求めていたフィールドでした。

入社後の様子を聞かせてください。

平均以下から主任へ

入社当初、なかなか数字が上がらず入社3カ月は平均以下のアドバイザーでした。 ですが、毎日隣の同期や後輩に負けたくないと思い、とりあえず全ての項目の数を意識して取り組みました。 例えば掘り起しの電話を掛けた後すべてにSMSを送ったり、夜の方が電話がつながるケースが多いため、21時半まで残ったりしていました。その積み重ねの結果、数をこなす中で質を自分で理解することができ、徐々に効率良い方法が見えてきました。そんな平均以下だった私ですが、今ではまだまだ足りていない点だらけですが、所属するチームの管理者をさせてもらえるまでになりました。

一番大事にしていることは何ですか?

愚直さと熱意

私たちの仕事は、求職者様の理想をかなえる事よりも、高額な紹介料を払ってでも人が欲しいと言っていただいている法人様に人材を紹介することだと考えています。 求職者様の要望と一見マッチしない部分があったとしても、その要望の根本を改めて見つめ直し、その法人で働くと要望している点がクリアになる道筋をともに考え、熱意を持ってお伝えし、愚直に取り組むことを一番念頭に置いて仕事をしています。

キャリア形成や将来に向けて

マネジメントとコンサルの両立

現在プレイングマネージャーという立場で仕事をさせて頂いてはおりますが、まだまだ両立が出来ていない部分が多いと感じています。 どちらも中途半端な結果ですので、まずこの悩みを解決するため、どちらかを確固たるモノにする必要があります。 自分の数字をしっかり構築し、常に周りにアンテナを張って動くことをクセづけていきます。

プロフィール

小学生時代から現在もスポーツをしています。 アクティブな性格です。元気と明るさが取り柄です。「まず一回やってみる」「悩むよりもまず行動」この2点をモットーに仕事も人生も歩んできました。 そんな前向きな人間です。よろしくお願いいたします。

ある1日のスケジュール
9:00 出社、掃除、メールチェック
9:30 朝礼
10:00 新規対応、進捗連絡、面接設定の電話
12:00 昼食
14:00 面接同行、帰り道で面接設定の電話
16:00 帰社:
法人へお礼の連絡
17:00 夕礼、新規法人への架電、書類作成
18:00 繋がらなかった求職者への電話、掘り起し、課員の管理シートチェック
19:00 求職者への入職前、入職後フォローの電話
20:00 掘り起しメールの送信、ファックス撒きの予約
私のオフタイム

休日は社会人アメリカンフットボールチームの練習や試合に参加しています。 平日は帰宅後ジムに行くことが多いです。

社員の声一覧に戻る